家計管理=家計簿をつけること、ではありません。

 

こんにちは。

かなです。

 

みなさまは、家計管理するというと、どういうイメージをお持ちですか?

 

もしかしたら、

家計簿をつけるんだよね?

ちょっと面倒だなぁ・・・

そんな印象をお持ちでしょうか。

 

家計簿ってつけたことあるけれど、

途中でレシートが溜まって大変になってやめちゃった・・・

そんな経験がおありの方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

どうして家計簿をつけるの?

 

ところで、どうして家計簿をつけるのでしょう。

 

月々のお金の流れを確認するため?

 

無駄がないかチェックするため?

 

つけることだけで手一杯になってしまったら、

翌月見直すことはちょっと大変なのではないでしょうか?

 

どうでしょう?

一か月でも連続で家計簿を付けたその後に、

翌月から改善できるような見直し作業、できていますか?

 

本当に家計簿をつけることが必要?

 

さて、そんな「つけるだけ状態の家計簿」だったとしたら、

果たしてつけることに意義があるのでしょうか。

 

賢明なみなさまでしたら、答えはおのずとお分かりでしょう。

 

私は、家計簿はあくまでツールだと考えます。

翌年以降の家計を見直すための、参考資料だと思っています。

 

つける作業そのものが大変なのであれば、

場合によってはやめてしまって差支えないかと考えます。

 

何のために家計管理するの?

 

家計をなんとかしなくちゃ、

そんなことを考えたきっかけはなんですか?

 

将来に漠然とした不安を抱えているから?

毎月の給与ではうまく家計が回らないから?

 

もし、将来に漠然とした不安があるなら、

ライフプランニング表を作りましょう。

いつ、どのくらいの費用が必要なのか

予め予測するのです。

例えば住宅購入や教育費、老後資金など

支出が大きく膨らみそうな時期と

準備したい(あるいは準備できそうな)資金の見積もりを立てましょう。

 

毎月の給与でうまく家計が回らない場合は、

少し頑張って3カ月でもよいから

家計簿をつけましょう。

家計簿は、見直してこそ意味のあるものです。

3カ月経ったら、何が家計を圧迫しているのか

あるいは削れる費目がないかどうか

家族で相談してみましょう。

 

少しエネルギーがいるけれども

効果的なのは固定費の削減です。

 

固定費とは

生命保険料や住宅ローン、通信費、お子さんの習い事など。

格安スマホに変えたり、金利の高い住宅ローンを借り換えたり、

過剰になっている保険料をカットしたり、

いくつか見直す点は出てくると思います。

 

見直しが難しかったら、プロの力を借りてみてくださいね。

 

限りある中で最大限のパフォーマンスを追求する

 

私は、家族が将来困らないよう

あるいは今幸福を感じられるよう、

限りある中で最大限のパフォーマンスを追求するために

家計管理を行っています。

 

家計簿は、

その管理を検証したり、裏付けるための大切な資料です。

 

手段が目的となってしまわないように、

家計簿とうまくお付き合いしてみてくださいね。

 

それではまた。

 

かなでした。

ブログランキングに参加しています。
あなたの心優しい応援に支えられています。

ブログランキングに参加しています。
あなたの心優しい応援に支えられています。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています