ムッサ・カヴァ・ブリュットの実力

こんにちは。
かなです。

ムッサ・カヴァ・ブリュット、神の雫掲載のカヴァ。

先日、来客があったので、こちらを開けてみました。

ムッサ・カヴァ・ブリュット。
かの神の雫にも掲載されたとのことで、かなり有名かつ人気のカヴァですね。

ムッサ・カヴァを購入したときの記事はこちら。
関連記事 1000円台のスパークリングワインを準備しておく☆

生産者は、ヴァルフォルモッサ・ワイナリー。
ヴァルフォルモッサとは、カタルーニャ語で「美しい谷」を
意味するのだそう。
1865年(!)創立の、由緒あるワイナリーです。

基本的に、カヴァはシャンパーニュと同じ瓶内二次発酵方式で作られます。
シャンパンと同じくらいの歴史を持ち、良質な発泡ワインながら
シャンパンよりは安価なので、世界中で愛されていますね。
最低でも9ヶ月間の熟成期間を経て出荷されるのですが、
このムッサ・カヴァは18ヶ月もの熟成期間を経て出荷されます。

瓶内二次発酵方式ってご存じでしょうか。
瓶内二次発酵とは、伝統的なスパークリングワインの製法です。
まだ発泡していない原酒を、酵母と糖分を加えて瓶詰めし、
瓶の中で発酵させてこの泡を閉じ込めます。

スパークリングワインを作る方式としては、
他に、シャルマ方式(タンク内二次発酵)、トランスファー方式、
炭酸ガス注入方式などがありますが、
瓶内二次発酵方式は、最も手間とコストがかかり、
一般的に最高級スパークリングワインの製造方法となります。

ムッサ・カヴァ・ブリュットって、どう?!

味わいの個人的な感想です。

色は淡い麦わら色。泡は比較的細かく、勢いがあります。
小さな白い花、かすかにウォルナッツのような香り。
味わいはフレッシュなりんご、グレープフルーツ、レモンを噛みしめるような
爽やかな果実感。
後味に、グレープフルーツの皮のような、ほろ苦みが残ります。
余韻はやや短い。

やはりシャンパーニュなどと比べると、
直線的、やや平板な印象。
立体的な骨格やふくらみ、長く続く余韻といったものとは縁遠い感じがします。

変化を楽しむワインという訳でもないので、
特別な時というより、やはりデイリーに飲むワインだなぁと思いました。

けれども、安ワインの変な甘さや、泡が荒すぎるといったこともないので
コストパフォーマンスは良いと思います。
安心して飲めるカヴァだと思いました。

おわりに

人気があり、その実力のほどを知りたかった
ムッサ・カヴァ。

1000円少しの価格がやはり魅力ですね。
デイリー、気軽に開けられるワインの一つとして
覚えておきたいワインとなりました。

それではまた。
かなでした。

私の投資の先生、fxtamo先生のメルマガの詳細を知りたい方はこちらをクリックしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
あなたの心優しい応援に支えられています。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログへ

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています