老後の生活費のために。住宅ローンに対する私の考え方。

こんにちは。
かなです。

老後の生活費のために。住宅ローンに思うこと

みなさんは、住宅ローンの現在の元金をご存じでしょうか。

そして、返済がいつまで続くか、把握していますか。

もしかしたらその物件は、
35歳のときに35年で借りたローンかもしれませんね。
つまり、何もしなければ70歳の時点で完済となります。

住宅を買うときって、かなりのエネルギーが必要です。
えいやっという気持ちがなければ
そうそう簡単に買えない。

70歳くらいまで組むローンでなければ
家なんて買えない。
それはそうかもしれません。

けれども、定年後まで続くローンは
やはり何らかの対策を立てたほうがいいと思います。

老後収入がない中で、住宅ローンの支払いを続けるのは
かなりキツいと思う。
固定金利である程度の金利のものなら、
できるだけ早めの時期に繰り上げ返済をすることで
期間短縮のみならず、支払い総額を減らすことができるし、
住宅ローン減税の恩恵があって、1%を割り込むような変動金利で借りたのならば
将来金利が上がることを見越し、住宅ローン減税分+α貯金しておいて、
いざ金利が上がった時点で繰り上げ返済したい。

繰り上げ返済することは手元の資金を減らすことだから
しない方がよい、という考え方もあります。

あと、団信によって世帯主の万が一のときには借金がチャラになるから
生命保険代わりとしてできるだけ返済は細く、長く、という考え方も。

定年後に住宅ローンを抱えるリスク

それでもやっぱり私は、
定年後に住宅ローンを抱えるリスクのほうが怖いと思う。

若いうちに万が一のことがあるリスクもあるけれど、
元気で長生きすることもいわばひとつのリスクとして捉えたい。

定年後、25万円で生活するとして、
その中からたとえば8万円のローンを支払うと17万円です。
さらにマンションなら修繕積立金や共益費が毎月かかり
一戸建てなら一定の期間ごとに多額の修繕費用が必要になる。

私だったら、この重荷に耐えられないと思う。

人生の最後の時期に、
借金に追われるのは辛いことだと感じます。

いやいや、退職金で支払えばという考えもありますね。
どうだろう、これから収入がなくなりますよ、という時に
手元の資金がなくなるのって。
これも私は怖いと思う。

リスクに対する考え方は、人それぞれです。
私と違う考えも、ありかもしれない。
でももしかして、まぁなんとかなるさと目を瞑っていたとしたら
ちょっと意識して考えてみませんか。

それではまた。

かなでした。

老後資金が不安な方へ。関連記事です。

関連記事 老後資金が足りない?と気がついたとき。

関連記事 老後破綻を防ぐために今すぐできる4つのこと

私の投資の先生、fxtamo先生のメルマガはこちら

ブログランキングに参加しています。
あなたの心優しい応援に支えられています。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています