4人家族の食費、どうやって抑える?食費を節約する簡単な方法☆

こんにちは。
かなです。

4人家族の食費、どうやって抑える?

生活費を考えるときに、まず頭に浮かぶのは食費のこと
という方も多いのではないでしょうか。

巷には節約術が溢れています。雑誌でもよく特集が組まれていたりしますよね。

でも、底値で買うとか、安いスーパーをはしごするとか・・・
だと、ちょっと負担が大きくありませんか?

私は、ひとつひとつの食材の底値を知りません。
どちらかというと、無頓着なほうかも・・・

ケチケチすることなく、時に季節の食材を楽しみながら
手抜きで食費を管理しています。

そんなコツをお伝えしたいと思います。

食費の節約につながる、簡単管理方法

我が家の簡単管理方法、ステップ1~3です^^

ステップ1 食費の毎月の予算を決める

まず、毎月の食費の予算を決めてしまいましょう。

総務省の家計調査報告によると、
二人以上の家族の平均は約58,000円(外食費含まず)だそうですね。

我が家の予算もこれに近いですね。
我が家の今年の食費予算は、63,000円。
給食費4000円を含むので、実質59,000円でのやりくりです。
この予算には、主食費、調味料費、家で軽く飲む分の酒代は含みますが
家族との外食費、友達と飲むための酒代は含みません。
これに関しては理由を後述しますね。

ステップ2 買い物は週に2回まで。基本週1のまとめ買いでやりくりする

予算が決まったら、週あたりの予算を頭にいれます。
このとき、主食費と調味料費を除いた副食費のみで考えるようにしてくださいね。

お米や調味料は毎週買う物ではないので、
毎週の予算に入れてしまうと、管理が大変になります。

我が家の場合、
副食費 48,000円
主食費 9,000円
調味料費 6,000円
の予算なので、副食費としての予算は、週あたり12,000円。

主立った食品は生協で買い、
足りなくなった分だけ、近場のスーパーで買います。

ステップ3 1週間で食材を使い切る!

もしかしたら、これが一番大切なのかも。

買った食材は、1週間で食べきります。
食材は下拵えをしていろいろな料理に使い回したり、
時に冷凍庫のストックを使ったりしながら、飽きずに食べきる工夫をします。

週の最後は冷蔵庫も空っぽに近くなりますので、
このときが腕の見せ所と言えます^^

1週間に一度、冷蔵庫を整理できるので、
忘れてしまって、後々ミイラ状態で発見される食材は
我が家にはありません(笑)。

ステップ1は、年のはじめに決めることなので
日常はステップ2~3のみ!
一度身につけば、毎日特に意識しなくても食費を管理できるようになりますよ。

食費の節約につながる、その他のポイント

その他の工夫はこんなところにあります。

外食費はおこづかいから

我が家の食費に外食費は含まれません。
家族での食事は、基本夫の支出となります。

食事すれば、夫が自由に使える金額が減るので(^^;)
自然なストッパーになっています。

また、夫が出してくれることで
家族も自然と「お父さんありがとう!」って気持ちになり、
夫にとっても子供たちにとっても、いい雰囲気作りにつながっています。

必要以上の酒代は交際費で管理

我が家は、お友達と飲む機会が比較的多いです。
なので、こうした時の食材や酒代は、別費目で管理しています。

毎月かかるわけでもないので、
食費に組み込んでしまうと、食費がどうなっているのか
わかりにくくなるからです。

ふるさと納税を活用する

必ずしも直接的に食費の節約に効果を発揮するわけではないのですが、
ふるさと納税で、地方の日頃買えないような美味しい食材を戴けることで、
メリハリのつく食卓になりますよ。

それではまた。

かなでした。

私の投資の先生、fxtamo先生のメルマガはこちら

ブログランキングに参加しています。
あなたの心優しい応援に支えられています。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています